専門試験対策の書籍紹介第2弾です!
第1弾はコチラ↓
専門試験対策の書籍1

前回は動物系だったので、今回は畜産系の試験対策用の本の紹介です。

1.最新 畜産ハンドブック

畜産系の専門試験対策には、この本が一番です。

最新 畜産ハンドブック (KS農学専門書) [ 扇元 敬司 ]


出題分野のほとんどは、この本が網羅しており、過去に私が受験した際には、
この本の文章を少し捻っただけという問題も見受けられました。

内容が豊富で、どこから手を付けていけば?
と困惑するかもしれませんが、
まずは、出題内容を試験案内等で確認して、
対応している部分だけを読み込むだけでも
十分、試験対策になります。
時間に余裕のある方は、自身で想定問題を
つくってみるのも良いかもしれません。

また、動物園飼育員志望の方だけでなく、

・畜産系国家公務員(総合職・一般職)
・地方公務員(畜産職)
・畜産関連企業

といった畜産関係の仕事を目指す方にもこの本はおすすめです。

2.家畜飼育の基礎(農学基礎セミナー)

家畜飼育の基礎新版 (農学基礎セミナー) [ 阿部亮 ]

専門学校や大学で、畜産について
あまり学ぶことがなかった方は
先に挙げた畜産ハンドブックは
やや難しい内容かもしれません。

そんな方にまず読んでほしいのがこの本です。
入門書として、とても分かりやすい内容です。

試験対策本としては、
不十分かもしれませんが、
この一冊を読んでから、
畜産ハンドブック等で勉強すると
理解しやすいはずです。

なお、前回の記事で挙げた
『動物の飼育管理』も畜産系の試験対策には有効です。

いかがだったでしょうか。
畜産系の問題は、とても難しい問題は
あまり出題されず、基本的な問題が
多く出題される傾向にあります。

上記に挙げた書籍を参考に、
試験対策がんばってくださいね。